産卵床について

メダカ飼育

こんばんは!
カミユです。

今日は、産卵床のお話です。
めだかを本格的にやり始める前は。ホテイ草でも入れておけば大丈夫だと思ってましたが、採卵して孵化をさせる事を前提にすると大分話が変わるという事に気が付きました。
ネットで調べてすぐに出てきたのが、この採卵器です。

こちらは、このセリアの産卵床を使っています

縦切りと横切りでショートタイプとロングタイプにしていますが、卵の付きはそんなに変わらないようです、、、

その次に使い始めたのは「ころたまボール」です。
パッケージの写真も実物の写真もありません。
全て採卵に出払っています、、、
FUJIYAMAめだかさんで紹介されていた記事を読んで欲しいと思っていた時に、家から20分くらいで花小屋さんに行けることがわかったので、母の日の花を買う名目で家族連れで偵察に行きました。笑

入口入ってすぐに「ころたまボール」があったので、確認しつつめだかを見て回りましたが、レベルの高さと値段にため息が出るばかり、、、
チキンな自分は戸松さんに話しかけることも出来ず、「ころたまボール」だけ買って帰りました。今思い出しても苦い思い出です(;・∀・)

次に行ったときは少しはお話したいな、、、

ころたまボールですが、これは凄く卵がつきます!
うちは通常タイプと沈むタイプを使っていますが、本当に良い感じに着きます。
今までの採卵器の三倍くらいは行ってるのではないかと思います。
ウチでは産卵数の多いめだかには自作採卵器、数を取りたい種類にはころたまボールという感じに使い分けています。
もっと欲しいのですがちょっとお高いですよね。
もう少し買いやすい価格になると良いのですが、、、、

他にも採卵器の種類があるようなので、他の物についても試して見たいと思います。

今日はこの辺りで、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました