秘密兵器導入

こんばんは!
カミユです。

今日の埼玉県は午前中少し晴れ間もあったのですが、全体的にはどんよりとした天候で気温もあまり上がらず肌寒い1日でした。
当然屋外のメダカ達の活性もあまり上がらず、量を減らしての給餌となりました。
稚魚や幼魚のメダカ達は1cm弱は有る個体が多いので、なんとか間に合わせたいのですが天候が悪い事にはどうにもならないですね。
安心越冬サイズの1.5cmになるのは難しいかも知れません。

実は先日有るものを購入しました。
それはこちらです。

もうシーズンオフなのに中々機会がなくてこんなに遅い導入となりました。
屋内のメダカ達で試したいと思います!

テトラのWEBページを見ると、ヨウ素で産卵繁殖に適した水調整してくれるそうです。
さらにビタミンBとかミネラルが水道水を自然環境水に近づけてくれるみたいですね。
育成にもいいみたいです。

まったくメダカとは関係のない話なのですが、テトラって由緒正しい会社で1951年(昭和26年)にドイツのベンシュ博士によりドイツで創業されています。
戦後間もない時期に、日本と同様に敗戦国であったドイツで創設されたことに驚きを隠せませんね。
テトラの有名な餌であるテトラミンは、改良もされているとは思いますが、67年の歴史があるそうです。

ドイツはアクアリウムでも先進国で他にもアクア関係企業が複数あります。
メジャーな所ではエーハイム、少しマイナーな所ではセラなどがドイツの会社ですね。

さらに欧州は全体的に熱帯魚の世界ではブリーディングが盛んなことで有名で、ドイツでブリードされた熱帯魚なども日本に輸入されています。
世界的にもブリーディングで著名なフランク・ウイルヘルム氏もドイツの方です。
既に鬼籍に入られていて、今は娘さんが引き継いでブリーディングを行っているそうです。

今日はこの辺りで、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました